子宮筋腫の手術では、どんなことをするのでしょうか? 最近では、昔と違ってどんどん新しい手術方法が出てきており、開腹手術だけでなく、開腹しないで腫瘍を切除する手術方法も色々あります。 もちろん、腫瘍の大きさや状態によっては、開腹手術が必要な場合もあるでしょう。 しかし、例えば、子宮口に近い筋腫の場合には、膣から腹腔鏡を挿入した手術も可能です。 また、年齢や症状によっても選択肢が分かれますが、子宮筋腫だけを切除する方法と子宮全体を摘出してしまう手術とがあります。 当然ですが、子宮を全摘してしまった場合には、その後の妊娠・出産は望めませんから、結婚・出産を控えた女性の場合は、よほどのことがなければ全摘出を行うことはありません。 でも、年齢を重ねると悪性腫瘍のリスクが高まりますから、子宮を全摘出してしまえば、少なくとも子宮がんのリスクや再発のリスクはなくなります。 手術の術式については、年齢や人生設計などに合わせて、医師とよく相談して決めるのが良いでしょう。